AdvansとYoma銀行、140万米ドルの資金調達契約を締結

ルクセンブルグに本社を置くAdvans Groupが運営するマイクロファイナンス機関のAdvans MyanmarとYoma銀行は、ザガインとマンダレー管区でマイクロファイナンス機関を支援するための3つの契約を締結した。 同契約には、70万米ドル相当のクロス・カレンシー・スワップ及び10億チャットのバック・ツー・バック・ローンを含む。これら2つの契約により、Advansは海外からの借入時の為替相場リスクを完全にヘッジし、マイクロファイナンスビジネスを開発するための現地通貨の資金を提供することが出来るようになる。Yoma 銀行の代表は、これら資金によりマイクロローンをザガイン及びマンダレー管区の…

>>続きを読む

新大統領、汚職禁止の活動に弾みを提供

国の次代リーダーとして、3月28日に下院議会がWin Myint氏を選出した時、人々は国民民主連盟政権で国民の信頼を奪っていた国の官僚の汚職に対し遂に対処することを期待した。 そしてその希望は間違えではないように思う。Win Myint大統領の任期の2か月間で、食品医薬品管理局局長及び計画財務大臣の2人の上級役人が解雇されている。 Win Myint大統領は就任以来、職員の汚職を追及する意向を明確にした。3月30日に行われた最初の大統領演説で彼は公務員の給与を引き上げることを誓ったが、慣習を変え政府の効率を改善するよう求めた。 彼はまた、汚職を行った職員に対し非常に厳しく取り組んでいると強調し…

>>続きを読む

内国歳入局、自己申告納税制度を実施

内国歳入局(IRD)は既存の徴税制度から離れ、自己申告納税制度(SAS)の実施に移るとヤンゴン管区計画財務大臣のMyint Thaung氏は今週議会で述べた。 「私たちは、納税者が税務署職員と癒着する必要がないようSASを導入する予定である。これは、汚職の削減に役立つだろう」とMyint Thaung氏は述べる。 政府は公務員階級の汚職を減らす取り組みをしている。2017-18年に、解雇や降格を含む罰が汚職や違法行為を行ったIRD職員に対し科せられた。1人はまた5年間の懲役刑を受けた。 「SASの下では全ての納税者が平等に扱われ、税務職員が納税者から税金の徴収額を減らすための賄賂を受け取ったり…

>>続きを読む

労働紛争解決法第2次改正案、議会への提出目前

労働紛争解決法第2次改正案は、上院議会に提出されると現地及び国際労働委員会の幹事長Zaw Min Lat氏は述べた。 草案は、未だ同問題に関心がある当事者の中で議論が行われている。 「すぐにでも議会に提出することを望む」とZaw Min Lat氏は話す。 労働紛争解決法は2012年に制定され、雇用者が刑罰を受けなかったり少額の罰金のリスクといった、軽視される規則の規定に労働組合が反対した後、2014年10月に改正された。 労働組織は、労働法に違反し罪を犯した雇用者に対する刑事罰を希望する。 最初の見直しの中で、違反した雇用者に対する罰金が30,000チャットから100万チャット(740米ドル)…

>>続きを読む

コンテナ貨物の輸送、日中のヤンゴンで許可される

選ばれたコンテナ化された商品の輸送は現在、日中の市内で許可されるとミャンマーコンテナトラック協会の事務官Soe Naing氏は昨日述べた。 同決定は、ヤンゴン管区政府がコンテナトラックが日中市内へ入ることを禁止している2年間の規制を破るものである。 これまた、貿易や市内への配送時間も大幅に改善する可能性がある。 現在コンテナ化された商品を輸送するトラックは、市内を移動することを許可されるだろう。 輸出予定の商品は、Bayintnaungロード上のInsein Steel工場の前にあるコンテナ倉庫に持ち込まれる。コンテナの集荷及びヤンゴンの西側の港への輸送は、午前11時に開始される。 一方、輸入…

>>続きを読む

裁判事件のほとんどが2017年に解決

国家司法監督局の局長Tin New Soe氏によると、2017年の間に、裁判所に提出された事件の96%が解決した。 「全体で、訴訟の96%の法廷審問が完了した。しかし年々訴訟は増えており、これ以上の裁判が開かれていることは否定できない」と5月11日に情報省で開催された2年目になる政府を巡る会見で彼女は述べた。 2017年に、全国に提出された442, 000件の訴訟のうち424,236件が解決し、18, 000件以上が実施されている。 これに対し、2016年に提出された417,000件のうち408,000件近い訴訟が解決し、約10,000件が未だ実施されている。 2017年に起きた深刻な犯罪事件…

>>続きを読む

韓国資本の工場、命令を無視したとして300万チャットの罰金が科せられる

韓国資本のMacdo wig工場は、中央仲裁評議会の命令に従わなかったためミンガラドンタウンシップ裁判所により300万チャット(2,255米ドル)の罰金が科せられたと、労働者は語る。 「工場は、許可なく工場を閉鎖したとして告訴されている。また私たちは彼らを労働局に報告した」と、最近解雇された工場組合議長Soe New Oo氏は火曜日に話した。 彼女と労働組合中央委員会メンバーのMyo Thiha氏は、工場での労働争議をソーシャルメディアで公開したとして、2月に給料の支払い無しにMacdo wig社により解雇された。 労働争議仲裁団体、ヤンゴン管区評議会、中央仲裁評議会による数回にわたる聴取の後…

>>続きを読む

ミャンマーは外国の小売業者や卸売業者に開かれた

商業省の最近の通達により、外国企業と合弁企業は、小売業および卸売業で事業を行うことが許可されている。大手企業グループは、この動きがミャンマーへの投資を誘致するための正しいステップであるとして歓迎した。 同省は5月9日に、国際投資家と国内投資家との合弁企業や外資100%の企業にも小売業および卸売業を実施することを認可する通達を出した。 貿易政策は、国の経済改革に不可欠である。 自由化措置は、より多く、より安く、より良い選択肢を全国の消費者に提供するための、各業種における競争を促進した。 これにより、それぞれの業種の技術と製品品質の向上がもたらされ、中小企業の成長を促進し、より多くの外国投資を誘致…

>>続きを読む

ミャンマー政府の公式発表「基本給は4,800チャット」

政府は、1月に全国三者委員会が勧告を出してから約4ヶ月の遅れを経て、1日8時間働いた場合の最低賃金をK4,800(US $ 3.60)または1時間当たりK600にすることを承認した。 移民人口省のU Nyunt Winは、新たな最低賃金は労働者と雇用者からの反対があるものの、月曜日に発効したと発表した。 彼によると、「最低賃金を改めるために長い間考慮したが、ほとんどの委員が同意した。 我々はこの金額が適切であると決定し、労働者には今後少なくとも改定された最低賃金と残業代が支払われるようになる」とのことである。 同氏はまた、10名以下の企業は新たに制定された最低賃金の影響を受けないと付け加えた。…

>>続きを読む

ヤンゴンで初出店のスターバックス、ASEANでの成長のためにミャンマーの開拓へ

アメリカのコーヒーフランチャイズ店スターバックスが間もなくミャンマーのヤンゴンに初出店する。ASEAN諸国の中で未出店の国はこれでラオスのみとなる。 ミャンマー投資委員会(MIC)は5月12日に、外資系の飲食サービスプロバイダーであるCoffee Concepts Myanmar Ltd(CCM)を承認した。 MICによると、CCMはミャンマーにおいてスターバックスを運営する企業である。DICAによると、CCMは2017年12月に投資および企業管理部に登録された企業であるという。 ミャンマー初のスターバックスはヤンゴン管区チャウタダ地区のスーレースクエアというショッピングモールに出店される。 …

>>続きを読む
Next Page »