元少年兵士の裁判、停電のため10月26日まで延期

月曜日に行われたAung Ko Htwe元少年兵の裁判はDagon Seikkan郡裁判所の停電により短縮したと裁判所事務官は述べた。裁判所は聴聞会を10月26日に再設定した。原告側の証人Myo Myint Aung中佐は電気遮断の際には尋問を受けていた。裁判所付近の路上での燃料タンカー横転のために予防的措置として電気を遮断しなければならないと本紙は事務官から通知された。「Theingi通りの交差点でタンカーが横転したので電気を切らなければならなかった。安全対策として消防隊が呼ばれた」と事務官は述べた。Aung Ko Htwe氏は、扇動、および、Tedmadawの少年兵士の経験をラジオフリーア…

>>続きを読む

タイ・ビバレッジ、ミャンマーの蒸留所を買収

タイ拠点のスピリッツ及びビールメーカーであるThai Beverageは、Myanmar Distillery Company (MDC) グループとサプライチェーン関連事業の株式の75%を10億シンガポールドルで買収した。シンガポールに上場のThai Bevは、内部キャッシュフローと外部借入で資金調達したと述べ、テキサス州のプライベートエクイティファームTPGの持ち分の半分の売却を含む4つの非当事者ベンダーからの株式取得であると個別に公表した。TPGは4.944億USドルで当該株式をThaiBevに売却したとのロイター通信報だが、同社は2015年12月にこの株式を1.5億USドルで買収してい…

>>続きを読む

ミャンマー中央銀行、担保無しのローンを承認

現地銀行は現在、担保を必要とせずにローンを延長することを許可されていると、計画財務省副大臣Set Aung氏は10月14日にネピドーで行われた第5回アジア中小企業会議でミャンマータイムズに語った。 「ミャンマー中央銀行(CBM)は、銀行が適切なリスク管理方針を定め提供することを担保として、可動式で転売可能な資産無しにローンを提供することを現地銀行に許可している。銀行が適切なリスク管理を実施できれば、ローン手続きは完了するだろう」とSet Aung氏はいう。 開発は、多くの資金繰りの厳しい中小企業にとって歓迎される一時的救済として役立つだろう。ミャンマーでは、資金へのアクセスが中小企業(SMEs…

>>続きを読む

エリート社、LPG競争参入

エリート社 (Elite Company) はミャンマーにおいて液化石油ガス(LPG)の配給許可を与えられたと国有のMyanma Petrochemical Enterprise (MPE)の代表Aung Myint氏は10月12日の記者会見の後に本紙に語った。 LPGとは調理の際に電気の代わりとして使用の炭化水素ガスの可燃性混合物のことだ。エリート社はLPG貯蔵タンクの建設とティラワ特別経済区(SEZ)の桟橋完成の後の今年末までにLPGを輸入開始の予定だ。電力・エネルギー省(MOEE)は安全検査の実施の後にLPGの輸入・配給許可の関連ライセンスを発行する。「署名すべき殆どの契約合意に至ったが…

>>続きを読む

報告で司法の欠如が明らかに

ミャンマーの2008年憲法第6章が司法の機能を明らかにして以来、10年近く経過している。未熟な民主主義として、ミャンマーの権限分立はまだ妥協すべきでないと考える。確かに、司法はその権限と限界を理解することが必要である。 ロンドンのJustice Base団体により今月公開された報告書によると、ヤンゴン管区にある裁判所の法的実績を測定したところ、155件のうち135件が、被告は期間内に適切な弁護を受けることができていなかった。 この報告は、中でも憲法の幕開けとして機能した刑事訴訟法第340条第1項の適用における欠点を強調している。 報告書はさらに、司法職員間の汚職、裁判手続きにおける不必要な遅れ…

>>続きを読む

YCDCは建物建設の承認プロセスを迅速化すベき

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、市内高層ビル建設の許可が申請者に与えられるまでの長い待ち時間を調査すべきと、ボダタウン地区議員Thet Tun Win氏はヤンゴン管区議会で述べた。 現在、YCDCにより建設許可が申請者に与えられるまでに少なくとも1年かかっており、無駄な支出の超過と収入の損失につながっている。 「私が知る限り、YCDCは面積の調査と測定に3か月かかり、申請者の建設提案を検討するのに1か月半かかる。水道水の配給、セスピット、パイプラインの評価には、2~3か月かかる。エンジニア局からの正式な確認に2カ月かかるが、委員会からの最終承認は更に2~3か月かかる」とThet Tun W…

>>続きを読む

国会議員、防衛博物館のホテルプロジェクトに質問

議員は火曜日、3億2000万米ドルの防衛サービス博物館のホテルプロジェクトの詳細について議会に質問した。ダゴン地区No.2議員の Kyaw Zayar氏は当プロジェクトに関する合意と人々が享受する便益について知りたいと語った。同議員はまた、日本の投資家が資金調達する当プロジェクトが政府発行の都市および住宅の規制に合致するか否かを知りたがっている。当プロジェクトは民間の新聞や雑誌に広告されているが、国営の新聞には載ってはおらず、公衆宛てに合法的に知らされていない。 計画財務大臣のMyint Thaung氏は2段階での承認を受けたと述べた。第1段階目はミャンマー国民投資法で、第2段階目は2017年…

>>続きを読む

TrueMoney社、ミャンマーのモバイルフィンテック市場に狙い撃ち

TrueMoneyはミャンマーのモバイルマネー市場を争うフィンテック企業の新顔の一つだが、競争の激化に直面している。その戦略はミャンマー在住者の携帯端末での国際的な現金送金促進のサービス需要を満たすことだ。TrueMoney Myanmar CoのSiriporn Nimtiparat代表は「我々には地域同士のモバイルマネーマーケットを繋ぐチャネルがある」と本紙に語った。タイの会社であるTrueMoneyは、モバイル金融サービスを提供し、オンラインまたはPOS導入の実店舗でモバイルアカウントに現金を入金後、国内外の代理店ネットワークに現金同等物を転送できる。ASEANでは、TrueMoneyは…

>>続きを読む

味の素、偽造品に対する懸念

味の素代表取締役社長兼CEOの西井孝明氏によると、同社のブランドイメージを損なう恐れのある偽造食品が国内市場に多く存在することから、ミャンマーへの同社の展開は危険であるとのことだ。 東京都渋谷区に本社を置く味の素グループは、調味料、食用油、テレビディナー、甘味料、アミノ酸、医薬品などを製造する日本の食品化学会社だ。味の素、とは同社オリジナルのグルタミン酸ナトリウム(MSG)製品の商品名である。2016年2月に同社は調味料の梱包・分配工場をティラワ特別経済地区(SEZ)に建設し昨年9月19日には工場の開会式を行った。 「ミャンマーの市場には『味の素』ブランドを使用し広く流通する模倣粉末がある。こ…

>>続きを読む

デベロッパー、Myotha工業団地への懸念を払拭

開発業者のMandalay Myotha Industrial Development(MMID)がマンダレーのMyotha工業団地に関連する人権への懸念と告発を払拭したが、一方で国際人権連盟は適切な人権デュー・デリジェンスの実施において当該団地の設立過程は失敗を強調するものとの異論を唱えた。当地の僧院長によると、Mandalay Myotha工業団地計画のために3年前に接収した用地の耕作に関しての警察官と農家の間の緊張と対立は沈静化したという。「新政府が企業と農家の間を取り持ち解決すると想定しているから、我々は現在、冷静にこの問題の収拾を図っていた。政府と会社が何もせずにいる傍らで、農家がこ…

>>続きを読む
Next Page »