ミャンマー会社法承認される

Htin Kyaw大統領は水曜日下院議会でミャンマー会社法に署名し、今年国で最も期待されている法案を承認した。 新ミャンマー会社法の下、外国人は現地会社の株式を最大35%所有することが認められる。また35%以上の株式を外国が持つ企業は、外国会社として分類されると規定される。 この動きは、ミャンマー経済へ多くの外国人投資家が参入するための道を開くことになる。主に、産業機器や医薬品など、以前外国人には閉じられていた分野への投資を認めるだろうとRajah&Tann ミャンマー地域法律事務所の共同代表Chester Toh氏は話す。 過去に、外国人は新車の流通、肥料や建設資材などの選ばれた分…

>>続きを読む

ミャンマー、対象とする融資のため5つの専門銀行を承認

大統領府から中央銀行への指示によると、ミャンマー中央銀行(CBM)は5つの分野の専門銀行の形成を承認する。 指示の下、大統領府はMyanmar Tourism銀行、Mineral Development銀行、Glory Farmer Development銀行、Mandalay Farmer Development銀行、Shwe Nann Saw銀行の開設を承認するよう中央銀行に指示したと関係者は語る。 「私たちはこの指示について知っている。しかし詳細については大統領府に聞いた方がいい」とCBMの職員はミャンマータイムズに語った。 CBMの上級職員は、銀行の詳細を求めるメールに返信しなかった。…

>>続きを読む

弁護士協会、再編成を望む

ミャンマー独立弁護士協会(ILAM)は、他の全弁護士協会に1つの組織のもとに参加するよう呼び掛けたとILAM関係者は述べた。 「私たちは憲法及び不平等で時代遅れの法律を改正しなければならない。そのため、弁護士組織はILAMのように強く立つ必要がある」とILAMの議長Sein Win Chan氏はいう。 弁護士は、いくら彼らが正しくとも弁護士組織が脆弱であるため、影響力のある人や機関に直面した際よく事件で負けると彼は話す。全ての関連組織が再編成されれば、法の原則を維持するいい機会となると彼は話した。 「ILAMはデンマーク大使館の支援を受け、今まで以上に正義を守っている」と彼はいう。 2016年…

>>続きを読む

TMH、取引量が過去最大を記録したとしてヤンゴン証券取引所に上場

TMH Telecom公開会社はヤンゴン証券取引所(YSX)に上場する5社目となると、証券所は火曜日発表した。 しかしTMHの株式取引が始まるには、少なくとももう数カ月かかるだろう。 「TMHは正式に証券取引所に上場するが、YSXでの同社の株式取引は、早ければ2018年1月に開始する。現時点では、同社は少なくともひと月以上かかる新規上場株を実施する必要がある」とYSXの上級統括部長Thet Tun Oo氏は述べた。 TMHは2007年8月21日に、登録番号368/2017-2018で投資企業管理局(DICA)に最初に会社として登録した。当時同社は、Thar Moe Nye’ Chan Thar…

>>続きを読む

省、国内巡礼ツアー運営会社を認可する

ホテル観光省は12月に、国内巡礼ツアー運営会社のため1年間のライセンスを発行すると同省の事務総長Myo Win Nyunt氏は11月30日に述べた。 「12月に発行される1年間の暫定ライセンスのため、国内巡礼ツアー運営会社9社から申請を受けた」と彼はいう。 観光省によると、申請者は適切なオフィススペース、区管理者により承認された書類、国内巡礼及びツアー運営者協会ライセンスを持っていることを証明しなければならない。 資格を得るためには、申請者は協会のメンバーである必要がある。同協会書記官Kyaw Min Hlaing氏によると、会員費は15万チャットで、年会費は3万チャットである。 暫定ライセン…

>>続きを読む

ヤンゴン、適切な許可を取るよう通信会社に警告

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は通信会社に対し、市内での機器の設置や電波塔を建設する際の許可を申請するよう警告した。 11月28日の国営新聞での発表によると、YCDC地域内で通信ライセンスを取得したいくつかの会社は、当局から必要な許可の精査なしに、ファイバーケーブル関連の機器の設置、セルタワーの建設、Wi-Fiデバイスの設置を行っているという。 MPTとEager Communications Groupのみ、市内で運営を実施するための合法的許可を取得しているという。 「必要な許可をまだ取得していない企業は、12月31日までに申請しなければならない」とYCDCは声明を出した。「その日までに許…

>>続きを読む

会社オーナー、80億チャットを投資家から取ったことで起訴される

会社オーナーは、80億チャット(600万米ドル)以上を投資家から騙し取ったとして、裁判所に起訴されたと警察は日曜日に発表した。 Thint Myat Public社オーナーThet Thet Myaing氏は、何人かの投資家からの苦情を受けて、ヤンキン地区の警察により刑法420条の下、金曜日に裁判所に起訴された。 Thet Thet Myaing氏は、自動車サービスセンター、ベーカリー、美容院を所有していると述べていた彼女の会社からの高い収益を約束し、人々から投資を求めていたと言われている。 原告の1人であるThein Win氏は、彼と何人かの投資家が会社のスタッフと面会した際、企業は写真スタ…

>>続きを読む

オンライン納税システム、2月に導入される

納税を現金で行うのに代わり、より便利なオンライン支払いシステムを来年早期に国営銀行により実施すると、ミャンマー中央銀行(CBM)の副総裁Khine Shwe Whar氏は述べた。 「このオンラインでの顧客から顧客への送金(CCT)支払いシステムは、2018年2月に開始する予定である」と、11月30日にネピドーで行われた商務省の会議で彼女は述べた。 この動きは納税者にとって税金の支払いをより容易にし、政府のための納税をより推奨するだろう。現在、納税者は各支払いを行った日の領収書を発行する国営Myanma Economic Bank(MEB)で税金を支払わなければならない。その領収書は、国際歳入局…

>>続きを読む

銀行は貸出リスクを減らすため、当座貸越を期限付き貸出に転換する

ミャンマー中央銀行(CBM)は金融業界のリスク上昇に伴い、現地銀行の不良債権の公開を管理するための新たな規則目標を打ち出した。 11月のCBMの指示によると、銀行は2017年7月7日時点の未処理の当座貸越全てを、2018年3月31日までに最高3年を満期とする期限付き貸出に転換しなければならない。銀行はまた取締役会により承認された期限付き貸出管理枠組みを、CBMに提出しなければならない。 「ポイントは、国の銀行の当座貸越総額を記録し、それらを減らすことである。CBMはまた、顧客に提供されている貸出金の範囲を調査したいと考えている」とCBMの職員は述べた。 更にCBMは、現在の大規模公開制限を超え…

>>続きを読む

Yoma Strategic inks、ヤンゴンで4億米ドル規模の事業を行う

シンガポールで上場しているYoma Strategic Holdingsは、ヤンゴンの中心地に2つのハイエンド複合開発事業を建設する契約を、いくつかの外国建設会社と結んだ。 最初の事業であるYoma Centralはペニンシュラブランドの豪華住居、2つのGrade Aオフィスタワー、ビジネスホテル及びサービスアパートメントを備える予定である。同事業は、Yyoma StrategicとFirst Myanmar Investment社(FMIC)との合弁企業であるMeeyahta Development社、三菱、国際金融公社及びAsia Development銀行下のいくつかの企業のもとで開発さ…

>>続きを読む
Next Page »