ヤンゴン証券取引所、株式取引立会時間を4回に倍増する

証券所が昨日発行した声明によると、ヤンゴン証券取引所(YSX)は株式取引立会時間を以前の2回から4回へと倍増させる予定で、ミャンマー証券取引委員会(SECM)からの承認を待っている状態である。 新たな証券取引立会時間は、10時、11時、12時、13時となる予定である。現在、証券注文は11時と13時に対応している。 証券所が2016年に開設されて以来、売買注文手続きを行うことが出来る立会時間が増えたのはこれで2回目である。昨年の8月に、1日2回の立会時間に増加した。 この動きは、株式取引の量及び期間、取引に参加する投資家の数の両方で、YSXの活動を促進することを目的としている。 YSXでの取引は…

>>続きを読む

2018年国家税法、税金恩赦条項なしで承認される

議会は昨日、政府が提案した税金恩赦条項を省略した後、2018年の国家税法を承認した。 同提案は議員、政府職員及び実業家で行われた5度にわたる会議の後否決された。代わりに、税金恩赦に関する別の法律が起草されることになった。 政府は元々、税金の未納若しくは未返済があった非開示の収入源を持つ居住者又は非居住者に対し、大幅に減額した率の所得税を課すことを提案していた。 条項が承認された場合、非開示の収入を4月1日から6か月以内に宣告した場合3%の税率で所得税が課税され、次の6か月間に宣告した場合5%の税率で課税される可能性がある。 現在、非開示の収入源は15%から30%の範囲の税率で所得税が課せられる…

>>続きを読む

ミャンマーを去る2つ目の法律事務所、会社法の遅れは間違いだと言う

政府は何かしなければならないことがある場合、「新たな法律を可決すれば、問題は解決する」という考え方がある。民間セクターとのコミュニケーション及び実際の実施に焦点を当てる時期である。 ニューヨークに拠点を置くHerzfeld & Rubin PC (H&R)に続き、新投資法及び同施行規則並びに会社法の草案に関し現政府に助言を行ったもう1つの大手法律事務所が匙を投げた。同パートナーは市場に関し「慎重且つ楽観的」であるが、遅れを間違だと批判し、政府に新たな法律を可決することが必ずしも解決となるわけではないことを認識するよう促した。代わりに、ネピドーは実施及びコミュニケーションに焦…

>>続きを読む

政府、企業を支援するため4月1日から源泉徴収税を廃止する

内国歳入局(IRD)は経済を押し上げるため、4月1日から源泉徴収税の課税の停止を計画していると週末の協議で発表した。 ヤンゴン管区政府、ミャンマー商工会議所連盟及び他の事業連盟との協議は、2018年国家税法に基づく新たな規制の準備と併せて行われた。IRDは毎年、4月1日に効力を発する新税法を発行している。 新たな会計年度の変更の中に、源泉徴収税の廃止がある。同決定は、企業が税を取り下げることを求めた2017年12月からのフィードバックに応じて行われた、輸出に対する2%の源泉徴収税停止の先月のIRDの動きに続き行われた。同動きは計画財務省の輸出促進戦略に沿ったものであった。 2018年4月1日か…

>>続きを読む

現地銀行、経済の低迷の中ミャンマー中央銀行の規制を満たすため奮闘する

現地銀行は、成長の低迷期に外国直接投資をより惹きつけ国内金融機関を近代化するため2017年7月にミャンマー中央銀行(CBM)が設定した新たな規制を満たすことへの困難に直面している。 新金融機関法のもと、ミャンマー中央銀行は銀行に高い自己資本比率の維持、単独の借入人への貸出エクスポージャーの制限、ローン及び前貸しの再分類、当座貸越ローンの回収を命じた。国際通貨基金の支援を受け作成された規制は、国際バーゼルⅢの基準に沿っている。 「ミャンマー中央銀行が課す規制は、ミャンマー金融業界を国際金融業界と調和させることを目的としている。非常に優れた規制のため、実施すべきである」とカンボウザ銀行のシニアアド…

>>続きを読む

町自治体、民間学校を訴える

ヤンキン町自治管理オフィスは苦情を受け、自治体法に基づきPyi Thar Yarストリートにある国際語学・ビジネスセンター(ILBC)を起訴している。ヤンキンは2017年11月と12月にも学校を起訴している。同地区の人は、Pyi Thar YarストリートにあるILBCの移転を申請している。 「私たちは学校への市民の反発に伴い、自治体の規制に従いILBCを起訴している。市民の苦情はいまだ続いており、学校は市民を妨害している」とヤンキン町管理オフィスの総務補佐Yee Hlaing氏は火曜日ミャンマータイムズに語った。Pyi Thar Yarのための地区開発委員会は昨年9月、同問題に対処するための…

>>続きを読む

ミャンマー、世界銀行ビジネスランキングで上位100位入りを目指す

世界銀行のビジネス環境ランキングで、ミャンマーは昨年から1つ順位を落とした事実にも関わらず、ネピドーは2020年には上位100位に国を押し上げることを繰り返し約束した。ミャンマーは2020年に上位100位に入ることを目標としていると商務省副大臣Aung Htoo氏は述べた。同省は2月1日に、ミャンマー商工会議所(UMFCCI)で副大統領であるMyint Swe氏及びビジネスリーダーとの会議中に約束した。国のランキング向上の任務の代表である副大臣は、関連省庁と協力し規制の改善及び事業環境の容易さのレッドテープを減少させるための改革について協議した。 彼が述べた対象のランキングは、以前作成された政…

>>続きを読む

ミャンマー、医療分野を支援する入札でインドの投資家を支援

ミャンマーは医療分野への巨額の投資を必要としている。 月曜日にインドのExport-Import銀行により開催されたMarket Outreach Programmeの間、国は機会の促進及び同分野の拡大に伴う課題を協議した。同イベントはインドの投資家及び医療専門家が参加した。 民間医療サービスの需要が高まっているとともに、同分野はミャンマー政府により投資の優先分野として規定されている。インドはミャンマーに近接しており、病院、医療機器、サービス、熟練の医者や看護師が不足しているときに同分野の有望な投資家と見なされており、医薬品生産及び病院経営のスキルを備えている。 「インドの投資家は、現地医療業…

>>続きを読む

ミャンマー最大の空港プロジェクト 契約白紙に

ミャンマー最大の都市であるヤンゴンで新たに14億ドルをかけた国際空港の設計や建設、管理する契約は、日本の日揮株式会社(JGC Corporation)を含む合弁企業に参加しているシンガポールのYongnam Holdings Ltd.によると「白紙」となった。 ハンタワディー国際空港は2016年1月に合弁企業とミャンマーの民間航空局との間で締結された枠組み合意の下、2022年までにヤンゴンから北に約80キロのバゴー近くに位置する場所に建設される予定だった。 Yongnam Holdingsは月曜の夜、シンガポールにて発表の声明において「特定の問題が未解決なままであったため、FWAは更新されなか…

>>続きを読む

日本の巨大配達事業ミャンマー参入、急騰の物流市場に挑む

ミャンマーでの事業はあらゆる国境を越えたASEANの貿易ネットワークに必要だ。 日本の巨大戸別配達事業が、国境を越えてミャンマーで倉庫の貨物運送事業の提供を始める。ミャンマーは地域のサプライチェーンにますます統合される。 東京に本部を置いている配送会社のヤマトグループは、シンガポールの子会社ヤマトアジア株式会社(Yamato Asia Pte Ltd,)とAye International Group Co (AIG)を通してミャンマーにヤマトグローバルロジスティクスミャンマー株式会社(Yamato Global Logistics Myanmar Co)を昨年12月に設立した。2015年頃、…

>>続きを読む
Next Page »