ミャンマー政府が貯蓄を奨励

11月1日、計画財務省のU Maung Maung Win副大臣はヤンゴン大学経済学部、国連資本開発基金(UNCDF)、GIZが共同開催した世界貯蓄デーフォーラムにおいて、ミャンマーは市民の貯蓄を奨励するためにNational Savings Mobilization Strategyを構想していると述べた。 フォーラムの狙いはミャンマー国内において貯蓄の重要性に対する認識を高め、開発と実現の基盤を確立することである。このようにミャンマーは国民の貯蓄を増やすための第一段階として貯蓄動員戦略を策定するとU Maung Maung Win氏は述べた。 「国内銀行において貯蓄量が増加しているが、継続…

>>続きを読む

政府はチン州におけるセメントプラント建設可能性を模索

天然資源環境省(MNRREC)はチン州のセメントプラントの建設を検討するにあたり詳細な事前調査と石灰岩鉱床の測定を行うため、海外及び国内投資家からの関心表明(EOI)を呼びかけている。 この事業の候補地はチン州のハカ管区に位置し、4,300ヘクタールに及ぶ。 天然資源環境省の広報担当者はチン州における事業の実現可能性を探るため、事前調査に関心表明を呼びかけていると述べた。 「この事業はチン州と国の両方に利益をもたらすことができる。州とその住民の発展を支援することになると信じている」と農業畜産鉱山の地域閣僚であるMang Hen Dal氏は述べた。 「事業の候補とされる地域が1日に5,000トン…

>>続きを読む

マンダレー農村開発担当官2名が汚職告発に直面

ミャンマーの汚職防止委員会(ACC)は、マンダレー農村開発局長及び職員が地方予算の不正使用に関して汚職防止法に違反しているとの声明を発表した。 マンダレー地方自治体は、農村部における建設の入札に勝った企業に賄賂を要求したとして、副局長のU Aung Myint Kyaw及びDaw Thu Zarを訴えた。 ACCは10月31日に公務員2名が道路工事契約に便宜を受けたとされる6社に1,000万チャット(約6211ドル)を要求し地方農村開発予算を不正に使用したという声明を発表した。 委員会はこの2名が入札権を有する企業の法的権利を阻止することによって権限を濫用し、6社から賄賂を数回にわたって受け取…

>>続きを読む

ミャンマー語のラベルが4月に登場する

消費者局は公衆衛生と安全を守る努力の一環として、ミャンマー語のラベルを添付した外国製品を販売する企業の締め切りを来年4月26日と設定している。 10月31日、同局のU Soe Aung副局長は政府が消費者保護のために新しい規制を厳格に施行すると述べた。 「我々は4月26日の締め切りから6ヶ月後に法的措置を取り始める。我々はこの変更を行う前にミャンマー検事総長室の見解を求めその承認を得、消費者保護中央委員会に通知した後に公布した」と彼は述べた。 同局は9種類の製品はそのラベルにミャンマー語を単独でもしくは外国語と共に使うことが必須になると10月26日に発表した。新規則は使用、保管、状態、有毒成分…

>>続きを読む

外国酒の禁止後、混乱が現れる

ヤンゴンのダウンタウンにある酒屋では、ウィスキーやワインのボトルが飾られている。詳細をみると、ワインはアルゼンチンからニュージーランド産までが販売されているのがわかるが、ウィスキーはミャンマーで生産されたものだけが入手可能である。 「外国酒は販売を許可されていないため、飾れない」と同店の販売員はいう。「しかしあなたが望めば、輸入酒を入手することができる」と彼女は小声で話した。 市の食品医薬品局、内国歳入国、消費者局、貿易局が9月に小売、卸売業者に対し輸入酒の販売を禁止した時、ヤンゴン全体で同様の件が起きた。 混乱が残る しかし貿易業者と一部の政府職員は、禁止令が、小売業者に様々な種類の輸入酒販…

>>続きを読む

中国所有縫製工場、解雇した労働者の再雇用に合意

ヤンゴンにある中国資本Fu Yuen縫製工場の経営陣は火曜日、ヤンゴン首相Phyo Min Thein氏による労働紛争の仲裁後、30人の労働者の再雇用に合意した。 工場の労働者は数カ月間ストライキを行っていた。 工場所有者及びストライキ労働者は水曜日に、30人の労働者の再雇用に関する合意書に署名する予定である。 月曜日に100人を超えるストライキ労働者が支援者と人権活動家と共に、管区政府に労働紛争の解決を求めマハバンドゥーラ公園で行進した。 Fu Yuenの経営陣は8月20日に、生産を混乱させ会社規則に違反したとして30人の労働団体メンバーである労働者を非難し、通知無しに解雇した。 彼らの解雇…

>>続きを読む

新規則、輸入品にミャンマー語表記のラベルを必要とする

消費者局によると、6カ月以内に輸入品にミャンマー語表記のラベル及び取扱説明書を付けなければ、市場から取り除かれる可能性がある。 同局長Myint Lwin氏は、全輸入品のラベル及び取扱説明書をミャンマー語に翻訳するよう指示する指令が1カ月以内に公開される予定だと述べた。 「私たちは今週公開できるよう動いている」と彼は大統領府の記者会見で述べ、指令の公開準備は出来ているが、いくつかの小さな問題が依然として議論を必要としていると付け加えた。 指令は公開後6か月から有効となる。 「私たちは6か月間の猶予を与え、輸入業者は新たな要件を満たすため外国供給業者と協力する必要がある。これは国家的義務である」…

>>続きを読む

ヤンゴン政府、ドライバーの着色窓取り締まり抗議に対し踏み堪える

ヤンゴン管区当局は、車内からの眺めを曖昧にする可能性がある着色窓やスティッカーが付いた自動車を取り締まる動きについて説明するため、タクシー事業者及び運転手と会談したと国営新聞は伝えた。 同会談は先週木曜日に開催され、翌日タクシー運転手と事業者は犯罪に対する罰則があまりにも過酷だと批判する記者会見を開いたと、土曜日Global New Lightミャンマー紙は報じた。 運転手は、これら規制違反を犯した者は罰金を支払ったとしてもライセンスの更新が認められないと不満を訴えた。また彼らの自動車は他の州や管区に追放され、ヤンゴンの道路を走ることはできない。 しかし道路運送管理局の局長Lian Cin M…

>>続きを読む

汚職禁止委員会、苦情申立を却下する

ミャンマー汚職禁止委員会は元ヤンゴン管区議会メンバーNyo Nyo Thin氏による、管区政府が失敗した事業に関する疑いに対抗する苦情申立に対し措置を講じないと述べた。 先週土曜日ACCは声明で、汚職禁止法が7月に改正される前に起きた事件のため、苦情申立に応じることが出来なかったと述べた。 ヤンゴン監視団体の創設者Nyo Nyo Thin氏は、管区政府のプロジェクトは10月12日に発表されたヤンゴン管区の監査に基づく開発計画に沿っていないと訴えた。 苦情申立は、管区政府が非常に安い値段で21区画の土地の売却を承認したと主張している。 また公共公園の賃料として、98億チャット(615万米ドル)を…

>>続きを読む

ストライキ労働者、縫製工場の外で攻撃される

月曜日に、ヤンゴンのダゴンセイッカン地区にあるFu Yuen縫製工場の外で、ストライキ労働者の団体を約40人の男性が金属棒を振り回し攻撃した。 ストライキ労働者の代表は月曜日ジャーナリストに対し、26人の抗議者と通行人が工場前で攻撃されたと語った。6人が頭を怪我し入院した。 ストライキ労働者の代表者の1人Than Than Soe氏は、労働法に違反し暴力を行使した工場オーナーを非難した。 ストライキを行わない他の労働者が工場内に入っている間に、ストライキ労働者は男性から攻撃されたと彼女は話す。攻撃者は、工場で技術者により武装していたと話す。 「私たちのストライキは56日間続いており、不満は解決…

>>続きを読む
Next Page »