外国人投資家、First Private銀行に関心を示す

外国人投資家はヤンゴン証券取引所(YSX)に上場したFirst Private銀行の株を取得することに関心を抱いていると、CEOのMyint Zaw氏は述べた。 8月1日のミャンマー会社法の施行により、関心が高まっている。新たな法律は、外国人にYSX上場企業の株式を最大35%保有することを許可している。そのレベルでその企業はミャンマー企業のままである。 「外国銀行及び金融機関は弊行への投資に関心を示している」とMyint Zaw氏はいう。「外国人投資家からの支援を受け、私たちは建物のキャパシティーの改善、サービスの拡大、収益を増やし、株主に更なる価値をもたらす」。 ヤンゴン証券取引所(YSX)…

>>続きを読む

代表者、SOE法の見直しを求める

議会の代表者は、政府が公的資金を使用し損失を被っている国営企業(SOEs)を救済しなければならないとして、既存の法律の見直しを議員に促した。 計画財務省(MOPF)によると、国家予算下にあるミャンマー国営企業全26社のうち17社は、10月1日より2018-19年に利益化に転じると予期している。 これには、Myanma郵政通信、ミャンマー木材企業、ミャンマー宝石企業、ミャンマーパール企業、Myanma石油ガス企業、Myanma経済銀行、Myanma投資商業銀行、Myanma外国貿易銀行、Myanma農業開発銀行、Myanma保険が含まれている。 一方、報道及び定期刊行物、内国水運、ミャンマー鉄道…

>>続きを読む

シャン州の水力発電事業、続行が許可される

電力エネルギー省(MOEE)は先週、シャン州北部のMoemeikタウン付近Shweli川でのShweli-3水力発電事業続行のための通知を発行した。 同通知は、MOEE、フランスに拠点を置くÉlectricité de France S.A (EDF)、丸紅コーポレーション、ミャンマーAyeyar Hinthar社の社員の間で署名された。 同開発は、政府が電力発電事業への民間セクターの参入を許可する準備を行っていることを意味すると、MOEEのWin Khaing大臣は述べた。 それぞれの政府機関からの承認を得るため、引き続き交渉を行う必要がある。 エネルギー事業はパリ協定に従い進められ、政府と…

>>続きを読む

ヤンゴンに24時間無休の血友病治療センターが開設される

ヤンゴン総合病院の血友病総合治療センターは、先天性出血障害の人たちのため、24時間無償でのワンストップ治療の提供を開始したと、シニア病院職員は述べた。 臨床血液学部門のシニアコンサルタント血液学者Sein Win氏は、8月28日にミャンマーで初となる治療センターが24時間運営で開始すると述べた。 「私たちは国民と医者に、すべての出血障害患者が同センターで何時でも治療を受けることが出来ることを伝えたい」と彼は述べた。「また私たちは障害の治療のための十分な薬を持っている」。 管理者、臨床血液学者、一般外科医、整形外科医、物理医学及びリハビリテーション専門家、病理学者、核医学専門家、歯科医、放射線科…

>>続きを読む

外資系保険会社は2018年から2019年までにミャンマー国内で事業の運営が認められる:IBRB

保険業規制委員会(IBRB)は、10月1日に開始される新保険事業年度(2018年-2019年会計年度)にミャンマー国内において外資系企業による保険会社の運営を認める見込みであると8月28日、同委員会のU Zaw Naing事務官が発表した。 計画産業省によって2016年に設立されたIBRBは、外資系保険企業が2018年度に生命保険及び一般保険を提供することを認める見込みである。 「我々はミャンマー国内における保険市場への外資系企業の参入を認めることを計画している。我々は外資系保険会社の市場への参入を許可する前に、それらを審査し見直すための国際コンサルタントを雇用する」と同氏は述べた。 IBRB…

>>続きを読む

法案委員会は労働法に違反する使用者の懲役刑を認めなかった

Pyithu Hluttaw(下院)の法案委員会は、法を破る使用者に対する、懲役を除いた労働紛争解決法案を議会に提出している。 委員会によると、海外、国内の投資に悪影響を及ぼす恐れがあるため、懲役刑はこの法案に含まれていないとのことだ。 委員会のU Ba Shein氏によると、この法案には労働法に違反する使用者に対して可能な限りの罰金が含まれているが、懲役刑は経済発展のために排除されたとのことだ。 使用者に快適な投資環境を提供し、労働者の雇用機会の選択肢が最も広がるようにする必要があると同氏は付け加えた。 「使用者に懲役刑を科せば、投資家はミャンマーを離れる可能性がある」と彼は述べた。 労働紛…

>>続きを読む

Facebookが軍の司令官のアカウントを「憎悪と誤報の広がりを防ぐため」として凍結

Facebookによる、軍事関係者と組織のアカウントの凍結は国連人権理事会の事実認定任務による国の軍事指導者の嫌がらせ報告の公開と同時に起きた。Facebookが軍事関係者をブロックするのは全世界で初めてのことである。 8月27日、カリフォルニア州に本社を置くFacebook社は、ミャンマーの軍部長並びに19の個人及び組織のアカウントとページを凍結し、「民族的、宗教的緊張をさらに和らげるためにサービスの利用を停止する」と述べるとともにFacebook使用を禁じた。Facebookアカウント18件、Instagramアカウント1件、Facebookページ52件(約1,200万人がフォロー)が削除…

>>続きを読む

新法の下、建設業開発委員会が設置される

建設業の基準を設定する建設業開発委員会(CIDB)を設置する法案が起草されていることを、建設省のU Kyaw Lin副大臣が8月20日、Pyidaungsu Hluttaw(ミャンマー議会上院)に対して申し送りした。 新法はシンガポールの建築建設局とマレーシアのCIDBの助力を得て起草されている。 U Kyaw Lin氏は、同法は全国の建設事業が安全性と環境に関する国際基準に準拠することを確認すると述べた。公式の建設管理マニュアルの設置規範も公開される予定だ。 「法制化が完了した後、簡単な建設管理マニュアルが公開される」とし、「火災報知機システムの設置など、必要な措置が講じられる」と付け加えた…

>>続きを読む

カジノ営業法案が提出される

8月21日、広報管理委員会はPyithu Hluttaw(ミャンマー議会下院)に2018年カジノ営業法案を提出した。1986年のギャンブル法改を含む法案が可決されれば、ミャンマー国内で外国人専用のカジノの営業が許可される可能性が高い。 カジノ事業の利点として、観光客と税収が2倍に跳ね上がるだろうと予想されている。また、国内のドル不足がチャット安を引き起こしている場合に、より多くの外貨が国内に流入することも期待されている。 現在、賭博事業はミャンマー国内で禁じられている。「しかし、修正された法案が可決されれば、ミャンマー国内でカジノを開くことが認められるようになる」とミンガラドン管区の議員である…

>>続きを読む

DICA、教育投資に関する追加ガイドラインを発表

投資企業管理局(DICA)は、ミャンマーの教育分野発展を構造化するための追加ガイドラインと仕様リストを発表した。 8月10日にDICAにより発表された同リストは計17項目を含んでおり、4月20日にミャンマー投資委員会(MIC)が、外国人が国内教育に投資することを完全に認める通知(No.7/2018)を発表した4か月後に発表された。 同通知は、私立基礎学校、技術、職業訓練学校、高等教育学校、専門学校及び政府により指定された学校への外国投資を許可する。 DICAの仕様リストは、さらに同分野への投資を合理化する。それには投資の種類、教育機関及び学生に提供される証明書に関するガイドライン並びに規則が含…

>>続きを読む
Next Page »