障碍者の権利についての規則と規制がようやく制定される

社会福祉、救助および移住省は2015年6月に制定された障碍者権利法のための規制をようやく発表した。 規則と規制は、法律が施行されてから2年を超えて、2017年12月に省庁によって発表された。 しかし、冊子体でリリースするには6ヶ月以上の時間を要した。 U Soe Aung福祉部副長官は、障碍者協会と障碍者の人々の協力を得て、障害者権利法の規制が策定されたと7月6日に発表した。 「規制は、容易に実施される方法、法律が規定するもの、およびそれらの体系的施行を詳細に記述する」とU Soe Aungは述べた。 話題の一つとして、障碍者雇用を創出する際、雇用者がどのように障碍者雇用のためにタウンシップの…

>>続きを読む

小売業界にとって電子商取引業界への規制が必要

ミャンマー小売業協会は、政府のPrivate Sector Development Committeeとの会合中にU Myint Swe副大統領と同Committeeに対して電子商取引業界を規制する要望書を提出した。 個人および企業にはオンラインで商品を購入している消費者が増えているが、現在、受け取った商品が破損していた場合や注文した商品でない場合における法的手段がないことが多くある。 そのため、消費者を保護するための規制が講じられるべきであると、小売業者は主張する。 同協会は、電子商取引プラットフォームや、そのようなプラットフォームを使用する企業や個人が事前登録をすることを義務化するよう提案…

>>続きを読む

政府、私有プランテーションで生産された木材の輸出を許可

私有の森林プランテーションで生産された木材の輸出が可能であることを林業省のU Zaw Min副局長が発表した。 森林プランテーションの開発は、2014年4月に資源環境省が天然林から生産された生木の輸出を停止した後に行われた。 ミャンマーではチーク、硬材、ゴム、椰子、工芸作物などが総計140万エーカーの森林プランテーションで栽培されている。しかし、67万エーカー以上、つまり全てのプランテーションの半分近くは休眠しており、国によって没収されている。 活発な私有プランテーションから生産された木材は今や輸出することができるが、それに関与する者は依然として公式許可を申請しなければならない。 「企業は輸出…

>>続きを読む

政府、商用車に新しいライセンスを発行する

政府は商業目的で自動車を所有し運営する企業や個人に国内事業者ライセンスを発行するという、新しい車両免許制度を導入する。 2019年1月に発効する新制度は、車両1台につきライセンスを発行する現行の制度とは異なると、道路輸送省傘下のヤンゴン地域運転免許輸送調整監督局長であるU Soe Min氏が述べた。 新制度によってヤンゴンの既存の交通システムの合理化と改善が期待されている。「新制度の下では、車両所有者は監督局によって制定された規則と規制を遵守していることを示す必要がある。車両所有者は、1台から100台の車両を所有または商業使用することができるが、車両を運転するためのライセンスを受ける前に監督局…

>>続きを読む

政府が新たな7つの宅配業者を許可

政府は新たに7つの宅配業者が国内で営業するための正式な許可を与えた。 政府通達によると、登録された事業所は国内および国際的に郵便および配達サービスを提供し、交通通信省によって管轄される。 これらには国内の配達サービスを提供するRG Express Services Co.、 Myanmar Zarla Distribution Co.、First Courier Service Co.、Hercules Logistics Co.およびUMG Logistics Co.がある。 一方、RG Express Servicesは Door Asia Cargo Servicesとともに海外でのサー…

>>続きを読む

民間弁護士の利益保護に向けてBar Council Lawが改正される

司法長官府の上級職員は、1989年制定のBar Council Lawに民間弁護士の代表を選出するような改正が施される予定であるとMyanmar Times紙に述べた。 Bar Councilの下で構成されたHigh court lawyers associationのメンバーが法改正に向けた議論をするために7月に会議をするとその職員は述べた。 そして、14の地区と州で代表を選出することを計画しているとも付け加えた。 High court lawyers associationは司法長官府が主導し、選定制度によって民間人代表者として任命されている元検事とともに結成されている。したがって誰も民間…

>>続きを読む

不動産仲介業者を規制する法案が公開される

不動産仲介業者とその顧客間の取引を規制する法律を含む不動産法案が、6月の連立議会によってパブリックコメントの対象として公開された。 ミャンマー不動産サービス協会の働きかけによる33節からなる法案は、2016年8月に初めて起草された。施行されると、ミャンマーで事業を行う不動産仲介業者の事業がより厳しく取り締まられるようになり、最大6ヶ月の懲役 もしくは3百万チャットの罰金、またはその両方が科される。 「現在、不動産仲介業者はなんの規制もなく活動している。不動産の購入者と売り手の間の仲介者として機能する代理店を規制し適法なものにしたい」とミャンマー不動産サービス協会のDaw Moe Moe Aun…

>>続きを読む

事務所物件の供給が増加する中、Kantharyar オフィスタワーが稼動開始

ヤンゴンのカンドージー 湖に隣接して総面積196,000平方フィートの複合施設であるKantharyar Centreが稼働し始めたことを先週Asia Myanmar Shining Star Investment Co.が発表した。 Kantharyar Centreには「国際基準のグレード Aとされるオフィスタワー、Wyndham Grand Hotel、サービスアパート、ショッピングセンターならびに住居部分がある。これは、Shining Star International Holding Co.、Asia Myanmar Shining Star Investment Co.、およびA…

>>続きを読む

すべての企業は8月1日から再登録する必要がある

大統領府は、2018年8月1日に新ミャンマー会社法が発効するという通達(48/2018号)を6月21日に出した。 昨年12月初めに制定され、Directorate of Investment and Company Administration(DICA)主導で制定された新法は、外国資本と専門知識を求める国内企業をジョイントベンチャーを通じて成長させる画期的な改革である。この改革で外国企業が国内企業の株式の35%を保有することが可能になる。 Thanlwin LegalのパートナーであるMariano Suarez氏は、ミャンマー・タイムズ紙に、全ての会社がまず認識しなければならない2つの問題…

>>続きを読む

100人以上のベーカリー労働者が賃上げ要求でストライキ

ヤンゴンのMyanmar Mayson Co LtdのGood Morning Breadの工場の労働者100人以上が、彼らの仕事に対する妥当な報酬を求めてストライキを行った。 ヤンゴンHlaing Tharyar地区のShwe Than Lwin工業地帯の工場で働くMa Kay Zin Phyさんは、6月22日に123人の労働者がストライキを行ったと語った。 「工場は改定された最低賃金に基づき1日4800チャットを私たちに支払うようになったが、報奨金の支払いをやめた。また手当も減らした」と、9年以上工場に勤めてきたMa Kay Zin Phyoさんは言った。 新しい最低賃金の制定による賃金上…

>>続きを読む
Next Page »