日本語センター、詐欺で訴えられる

警察は、日本の養護施設での雇用を約束するのと引き換えに数人の求職者を騙した疑いがある日本語センターの調査を開始したと、人身売買対策特別委員会の警察官は昨日ミャンマータイムズに語った。 警察長官Khin Maung Kywel氏は、7人の女性が明らかに日本に存在しない仕事のため100万チャット(630米ドル)から150万チャットを支払ったという。 「調査の後、同センターは海外に人を派遣するライセンスをもっていないことが判明した。彼らは人々を派遣することはできない。私たちは昨日、返金を求めるためセンタ―の代表者との面会を設定したが、彼らが現れることはなかった」と彼は述べた。 日本語センターはバハン…

>>続きを読む

議会で汚職防止のための法案が可決される

連邦議会委員会の上級議員は、汚職の抑制及び歳入の増加を見込める税金管理法案を可決する予定であると発表した。 連邦議会合同法案委員会の事務局長Myat Nyana Soe氏は、納税者は税務職員と直接やり取りする必要がなくなると述べた。「すべての作業はコンピュータとソフトウェアを使用し行うことが出来るため、汚職を排除できる」と彼は月曜日の会期中に述べ、「この法律は、国の税収が無駄になったり悪用されたりするのを防ぐのに役立つ」とも付け加えた。 同法案は5月22日に執行部によって提出され、前回の会議で徹底的に議論された。公会計委員会の委員である下院議会議員 Khin Cho氏は「それは重要な法律なので…

>>続きを読む

ミャンマー中央銀行は外資系銀行による地元企業に対する融資を認めた

ミャンマー中央銀行(CBM)の 副総裁Soe Thein氏は、11月にミャンマーの外資系銀行が商業サービスの提供を認められ、同セクターがさらなる改革を実施するにつれて、現地の銀行と同等の立場に置かれるようになったと11月9日付のミャンマータイムズで述べている。 「地元企業への融資および貸付は、現在、すべての外資系銀行支店に開かれていまる。 技術的な問題が関係しているので、さらなる明確化と詳細が発表されるだろう。」と彼は言った。 11月8日付けの告知第6 / 2018によると、外国の銀行のすべての支店は、地方自治体で金融と他の銀行業務を提供する権利を与えられた。 このような動きを称賛する一方、現…

>>続きを読む

投資関連の新しい省が発表される

国民民主連盟主導政府は、投資関連問題に対処するために新しい省の設置を試みている。新しく設置される省の名前と担当は、今日の議会において大臣によって説明される。 ミャンマータイムズは、新たな省の名称を確認するため大統領府にコンタクトを試みたが、返答はなかった。しかしながら、議会に近い情報筋は、新しく設置される省は投資関連問題に対処する可能性が高いと述べる。 2016年4月の就任以降、国民民主連盟主導の政府は、省の数を減らし大臣の任命も最小限におさえてきた。このような政策は政府の支出を削減していたことから、人々の指示を得ていたが、長くは続かなかった。 政府は、州務長官室、連邦政府省、国際協力省などの…

>>続きを読む

異なる省庁に移管される薬物リハビリセンター

現在、内務省の管轄下にある3つの薬物リハビリセンターが、社会福祉・救済・復興省及び保健・スポーツ省に移管される予定であると反薬物特別対策委員会のShwe Nyar Maung警察長官は語った。 11月6日、「政府の指示の下で、内務省はリハビリテーションと治療をより効果的にするため薬物ハビリセンターを両省に移管する」と彼はネピドーでの高次抗薬物会議の後に記者団に語った。 現在、3つのリハビリセンター – Shwe Pyi Thar、Shwe Pyi Thit、Shwe Pyi Aye – は、内務省の一部である薬物乱用防止中央委員会(CCDAC)の下にある。同時に社会福祉…

>>続きを読む

21の法案、来たる第10回通常国会で取り組まれる

第10回通常国会は11月12日に始まり、2017-18年度の予算、税金、国家赤字について議論が行われる予定である。 「これらは議論しなければならない重要な問題である」と上院議会公会計委員会メンバーでHlaingbwe地区上院議会議員Khin Cho氏は述べた。 「この通常会議は法案の作成を予定している。現在、ミャンマー倒産法案を含め21の法案が盛り込まれている」と上院議会府の関係者は月曜日ミャンマータイムズに語った。 国会は11月12日から12月21日まで開催される。 承認される法案リストには、工業意匠権法案、知的財産権法案、商標権法案、文学及び芸術著作権法案などの著作権に関連する法律が含まれ…

>>続きを読む

Yoma が Auntie Anneのプレッツェルをミャンマーに持ち込む

シンガポールの上場企業Yoma StrategicはAntie Anneのソフトプレッツェルブランドをミャンマーに持ち込むためにUS Focus Brandsとのフランチャイズ契約を結び、数ヶ月の間にヤンゴンに初出店する。ミャンマーは現在、同ブランドがその存在感を確立していないASEAN最後のフロンティア市場のひとつである。 1988年に創業のAuntie Anneは、ベーカリー製品で知られる世界最大の手巻きソフトプレッツェルフランチャイズである。 同社は共同会見の場で、最初の店舗に続いて「今後5年間でより野心的な拡大が計画されている」と述べた。 ミャンマーは、アメリカのソフトプレッツェルフラ…

>>続きを読む

ミャンマーは依然として契約の実施、少数投資家の保護が脆弱

世界銀行による最新の報告書によると、ミャンマーは電力供給へのアクセスの改善及び現地ビジネス開始の緩和の2つの改革が実施されたという。しかし、民間セクターに影響を与える規制の多くは、依然として停滞している。 最近公開された世界銀行の2019年ビジネス実施ランキングで、ミャンマーは昨年と変わらずビジネス全体の容易さの項目で190位中171位であった。これは、ビジネス実施においてアセアン諸国の中で最低ランクに位置しており、3年連続である。 経済は、現地企業に適用される規制環境のいくつかの重要な側面である10の項目の事業の容易さのスコアの各平均に基づき、1位から190位で事業の容易さのランクが算出され…

>>続きを読む

2019年から左ハンドル車のみが輸入を許可される:ミャンマー政府

2019年、左ハンドル車のみミャンマー国内への輸入が可能になると当局が発表した。 ミャンマー自動車輸入監督委員会は10月26日に新たな自動車輸入政策を発表した。しかし、この発表は自動車市場の信頼を高めるものではなかった。 政府は毎年自動車輸入政策を打ち出している。2018年は新政策において驚かされるものはそれほどなかった。自動車ディーラーらは制作発表前に準備していたと語った。 主に左ハンドル車しか輸入できなくなると当局が2017年10月に発表した際の輸入政策は昨年の自動車市場に衝撃を与えた。これは中古の右ハンドルの日本車を好む多くの消費者の議論の的となった。しかしながら、交通安全上において真の…

>>続きを読む

ミャンマー政府が貯蓄を奨励

11月1日、計画財務省のU Maung Maung Win副大臣はヤンゴン大学経済学部、国連資本開発基金(UNCDF)、GIZが共同開催した世界貯蓄デーフォーラムにおいて、ミャンマーは市民の貯蓄を奨励するためにNational Savings Mobilization Strategyを構想していると述べた。 フォーラムの狙いはミャンマー国内において貯蓄の重要性に対する認識を高め、開発と実現の基盤を確立することである。このようにミャンマーは国民の貯蓄を増やすための第一段階として貯蓄動員戦略を策定するとU Maung Maung Win氏は述べた。 「国内銀行において貯蓄量が増加しているが、継続…

>>続きを読む
Next Page »