取引を促進する努力によってヤンゴン証券取引所に上場している企業が2倍になる可能性

ヤンゴン証券取引所(YSX)に上場している企業数は、2社が上場に必要な手続きを月末までに終え、さらに「2、3社が手続きを完了させている。」とミャンマー証券取引委員会(SECM)のU Htay Chun氏が述べた。これにより上場する企業の数が2倍になる可能性がある。 また、「10社ほどの企業が上場を検討している。」とU Htay Chun氏が述べたが、具体的な企業名は明かさなかった。 これは、伸び悩んでいる取引によい刺激を与えるだろう。YSXは取引が正式に開始された2016年3月と比較して、8月23日の終了時点で、取引量は2/3となる8,000株にまで下落し、取引金額は9,800万チャットほどに…

>>続きを読む

子供の権利法案は子供労働規制と矛盾している

7月7日にPyidaungsu Hluttaw へ提起された子供の権利草案は、子供の雇用に関する国内の既存法案や、法的最低労働年齢との矛盾を是正していない。労働法で制限されていない分野における、子供の雇用というグレーゾーンに対処していない。 現在、国会にて審議中の、提起された法案は、広い分野において、子供の雇用を合法化、制限することを試みたものである。しかし、法案の様々な条項が矛盾している。 49条(b) は、14歳未満の子供が労働することを認めていないものの、49条(c) において、12歳から14歳の子供が、教育、健康、成長に害を及ぼさず、安全、健康面において危険のない「軽度な労働」に従事す…

>>続きを読む

ミャンマーは、AEC加盟まで16か月を残す。それまでにやっておくべきことのチェックリスト

ミャンマーは、物品、サービス、労働、資本の自由な流れをもつ単一市場、生産拠点を築くことを目的とする、ASEAN経済共同体(AEC)に加盟する12月31日まで、約16か月を残す。 AECは、今のところ、共同体内における、関税撤廃、貿易促進、資本市場制限枠組みの整備、技術者の流動性の促進、消費者保護、知的財産権の促進等において、一定の成功を収めている。 今後数年間にわたり、グローバル価値連鎖の中において、ASEANの競争力を高めることを念頭に、より高い生産性、科学技術、技能開発を通し、成長を促進することを主眼としている。 ミャンマーにとって、AECは、国内企業に、東南アジア地域における、よい実践か…

>>続きを読む

新しい関税システムによる初期トラブルはもう起きない

物流配送会社によると、国内における新しい自動関税システムは、もう初期トラブルがなくなり、ヤンゴン港にて導入されているが、国境地点においては、まだ導入されていない。さらに、現在のデータ入力プロセスは、配送業界において、重大な問題を残している。 2017年1月、ミャンマータイムズは、初期トラブルとは、積荷の通関における待ち時間が、短縮化するはずが、長期化している点であると述べた。国境を越える取引者は、インターネットアクセスの欠如により、まだ、システムを導入しておらず、訓練は、国全土にわたり導入するためシステムを停止すると上級税関職員は述べる。 新しいミャンマ自動積荷通関システム(MACCS)が昨年…

>>続きを読む

YSX上場企業は、5%の減税措置を得る

計画財務省によると、ヤンゴン証券取引所は(YSX)に上場している会社は、現在、20%のみの法人税を支払う必要がある。 証券市場を成長、発展させるために、証券取引は、より多くの企業を上場する必要がある。そのため、より多くの企業がYSXに上場するよう、上場企業に対し、5%の割引が与えられている。 連邦税法は、25%の法人税を設定している。しかし、YSXに上場している企業は、20%の法人税でよい。さらに、法律によると、上場企業は、利益公開後、残りの払うべき税金に対する罰金や罰則を免除される。 「税優遇措置を提供することで、より多くの上場企業を得ることが主な目的である。 この地域の他国と比較すると、ミ…

>>続きを読む

55の会社の株式がもうすぐ当地で取引できるようになる

当地の店頭取引(over-the-counter, OTC)市場において株を売ることを許可されている55の株式会社はまずミャンマー証券取引委員会 (SECM) から公的な許可を得なければならない、と委員会のメンバーであるHtay Chun氏はMyanmar Timesに伝えた。 その声明は、投資企業管理局 (DICA) が8月15日に株式をヤンゴン証券取引所 (YSE)外で取引することを許可されている55の株式会社のリストを発表した1日後に出された。 OTC取引は取引管理なしで、直接当事者間でなされる。 過去に株式が不法に売却された事件があったため、国は当地で株を取引することを55の選ばれた会…

>>続きを読む

今年の上半期の刑事訴訟は18万件に達した

過去6か月のうちに受理された20万件もの刑事訴訟のうち18万件が解決された、と最高裁判所の所長である、Htun Htun Oo氏は述べた。 2017年の1月1日から6月30日に、警察が様々な裁判所に提出した19万2632件のうち18万558件の刑事訴訟の片が付いた、と13日の最高裁判所と管区・州裁判所との会合で行政長官が述べた。 彼は、2万5468件のうち1万9295件の民事訴訟と132のうち97の令状も解決された、と付け加えた。 「司法における自由は、法の支配の基本的な要件であり、公正な司法のための主な約束である。」と最高裁判所の所長である、Htun Htun Oo氏は述べた。 「よって、個…

>>続きを読む

建設省の下に形成される新たな部門

政府は、道路工事事業を実施するため、建設省(MOC) の下に、地方開発部門という名称の新たな機関を設立する、と建設省の上級職員は水曜日に述べた。 建設省の常任書記であるWin Myint氏によると、以前は、道路工事はMOCと農務灌漑省(MOALI) の両方によって実施されていた。 彼は、新たに設立される地方開発部門は国内における道路工事を一手に引き受ける機関となるだろう、と述べた。 「全ての道路(橋も含む)工事を一つの省の下で行う必要が生じてきたため、その部門はMOCに移管された。」と彼は述べた。 「したがって、村や町、管区を繋ぐ地方道路から国家規模の道路(市開発評議会の道路を除く)まで、全て…

>>続きを読む

ホテルへのアルコール飲料へのライセンスは、未だ許可されていない

ホテル観光省、内務省アルコール飲料税金部署は、未だにホテル経営者に対し、独自のアルコール飲料ライセンスを発行することに合意していない。 ミャンマーにおける既存の政策によると、もし、ホテル観光業が既にホテルライセンスを取得していたとしても、アルコール飲料を販売することを望む全てのホテル経営者は、内務省から、アルコール飲料ライセンスを取得する必要がある。 ホテル観光省長官である Tint Thwin氏は、8月10日、内務省が、ホテル経営者がホテルライセンスだけでアルコール飲料を購入することが出来るという当該省の宣言に合意することを望むと述べる。 「ホテルは、外国人旅行者を直接もてなすため、飲料は必…

>>続きを読む

ヤンゴン政府は、ロイターを出廷させ、先手を取る

ヤンゴン政府は、ミャンマー報道委員会を前に、バスの調達に関し、透明性が欠如していると述べたレポートに関して、国際ニュース通信社ロイタ―を告訴したと火曜日、ミャンマー報道委員会、上級委員は述べた。 法的立会人によると、ヤンゴン政府の動きは、ロイターを出廷させるための最初のステップである。 「私たちは、8月14日夕方、ヤンゴン地域管理局より公式の報告の手紙を受領し、この件に関する緊急の会議を開いた。」とミャンマー報道委員会理事の Thiha Saw 氏は述べる。 「Sun Kyi’s man in Yangon under fire over transit deal with China (中国…

>>続きを読む
Next Page »