【日本経済社様企画 ミャンマービジネスツアーのお知らせ】

【日本経済社様企画 ミャンマービジネスツアーのお知らせ】
2019年6月5日(水)~6月7日(金)に日本経済社様企画のミャンマービジネスツアーが開催されます。
ミャンマーにおけるICTの最新事情を把握、現地日系企業とのネットワークが構築できる絶好の機会となっております。弊事務所も2018年8月1日施行の新会社法及びデジタルの話題にて話させていただきます。
これを機に多くの日系企業様にミャンマーでのビジネスチャンスを探っていただければ幸いです。

詳細は以下リンクをご確認ください。

ミャンマービジネスツアー詳細

堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】証書登記法(1)第180回がNNAに掲載されました

3月12日(火)
堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】証書登記法(1)第180回がNNAに掲載されました

堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】事業組合の要件 第179回がNNAに掲載されました

3月5日(火)
堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】事業組合の要件 第179回がNNAに掲載されました

2019年4月15日ミャンマー進出セミナー@大阪を開催いたします。

2019年4月15日(月)18時30分から、大阪、MOBIOにて「駐在弁護士が教えるミャンマー進出の基礎・応用」セミナーの講師を代表の堤が務めます。
ご関心のある方は是非お申し込み下さい。
http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail/001988.html
多くの方のご参加をお待ち申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
またセミナー講師のご依頼につきましても多数引き受けておりますので、お気軽にご連絡ください。

堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】公開会社の要件 第178回がNNAに掲載されました。

2月26日(火)

堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】公開会社の要件 第178回がNNAに掲載されました。

堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】地場銀行の外資受け入れ許可 第177回がNNAに掲載されました

2月19日(火)
堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】地場銀行の外資受け入れ許可 第177回がNNAに掲載されました

堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】外資サービス会社などへの輸入の一部開放 第176回がNNAに掲載されました

2月12日(火)
堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】外資サービス会社などへの輸入の一部開放 第176回がNNAに掲載されました

カードによる低金利無担保ローン

ミャンマー中央銀行(CMB)は、新たに認可されたミャンマークレジットビューロー社によってローンデータセンターが設立された直後に、同国の金利の自由化に関する新たな指示を発表するとCBM副総裁を務めるSoe Thein氏は12月10日に述べた。
Soe Thein氏は、ミャンマー金融局とEauifax New Zealand Services and Solutions Ltdとの間の国内初のローンデータセンターを開設するための独自のソフトウェア使用についての合意に調印中、メディアに述べた。
Soe Thein氏によると、2019年半ばまでに5項目の指令が発表される予定である。「我々は現在、必要な措置と手続きについて銀行と協議している」と彼は言った。
CBMの指令には、現地の金利を引き下げるためのガイドラインが含まれ、企業はミャンマーにおける融資が受けやすくなる。現在、銀行は預金に対して8%の利子を支払い、融資に対して13%の利息を付している。中央銀行の金利は10%である。
この指令には、担保なしで融資を提供するための詳細なガイドラインも含まれている。「担保を必要とせずに融資を提供する可能性も検討している」とSoe Thein氏は述べた。
現在、銀行は融資を提供する前に担保を要求している。利用可能なクレジットプロファイル及びより多くの借り手の情報があれば、銀行は潜在的な借り手の信用度を評価し、リスク評価手順を改善することができるであろう。最終的には、多くの起業家や中小企業が融資を受ける資格を得られることになる。
この動きは、12月4日に外資系銀行が外貨建ての融資に独自の金利を設定することについて許可を与えられた後に起こるだろう。
11月に発行されたCBMの最新の指令によると、国内に支店を持つ外資系銀行は、ホールセールバンキングサービス及びその他の金融サービスの提供を許可されている。
CBMはまた、2019年に外資系銀行による新規支店の開設と拡大を許可するであろうと発表した。
(Myanmar Times 2018年12月11日版 第4面より)

堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】外国保険会社の運営許可 第175回がNNAに掲載されました

2月5日(火)
堤雄史弁護士が執筆した【ミャンマー進出関連法】外国保険会社の運営許可 第175回がNNAに掲載されました。

【日本オフィス(東京・大阪)開設のお知らせ】

グループ事務所として、2018年8月に弁護士法人プログレ・TNY国際法律事務所を大阪に開設し、2019年1月に弁護士法人プログレ・TNY国際法律事務所東京オフィスを開設しました。
これにより、当グループのオフィスはヤンゴン、バンコク、クアラルンプール、テルアビブ、大阪、東京の6カ所に存在することとなります。

今後も更に展開を加速させていければと思っております。
全オフィスに日本人弁護士が常駐しており、今回の日本オフィス開設に伴い、今後はミャンマー、タイ、マレーシア、イスラエルの案件について日本でご相談を受けることが可能になります。
また、もちろん、日本国内の案件についても対応可能です。
海外法務などについて何かございましたらお気軽にご連絡ください。